夏油川・ウシロ沢左俣

2020.08.26 Wednesday

P8250001.JPG

3日前にも来た夏油温泉!今日は朝から晴天です♪

 

P8250013.JPG

本当は林道をある程度進んでから沢に降りる予定(下のGPSの軌跡の赤矢印部分)でしたが、暑いので早々と沢へ降りる。これが失敗だった。

 

P8250014.JPG

特に2つ目の堰堤は、腕力登攀で無駄な体力を浪費してしまった。

 

P8250018.JPG

エメラルドグリーンの水が美し〜い♪

 

P8250024.JPG

林道を進んで沢へ降りたという後続パーティーの若い女性二人。我々の方が早く出発したのに、早々と追い付かれてしまった。

 

P8250027.JPG

そして、颯爽と追い抜いて行ってしまった彼女たち…。おじさんチームは、のんびりと行くことに。

 

P8250033.JPG

プチゴルジュにて相棒のSさん。

 

P8250036.JPG

小滝が次々と出てきて飽きさせない。

 

P8250049.JPG

ゴルジュ帯に掛かる8m滝。ここは左岸より高巻く。今回唯一の高巻き。

 

P8250054.JPG

その後、直ぐに8m滝。ここは右壁を直登。

 

P8250060.JPG

一応、安全を期してザイルを出す。

 

P8250061.JPG

いつの間にか追い越してしまった私たち。後続パーティーの彼女たちは、フリーで登っていた。

 

P8250063.JPG

ゴルジュ帯最後の5m滝は、楽勝!

 

P8250069.jpg

僭越ながら、私です。

 

P8250071.JPG

次から次へと滝が出てきて楽し〜い♪

 

P8250080.JPG

滝つぼの美しいこと〜♪

 

P8250082.JPG

今日も、猛暑です!飛び込みたくなります。

 

P8250087.JPG

美しい渓相にウットリ♪

 

P8250089.JPG

頑張るSさんです。

 

P8250093.JPG

いよいよ核心部のトラバース滝(8m)が見えてきました〜!

 

P8250096.JPG

その核心部の滝は、深い釜を持っています。一般的なルートは、右岸のクラックを利用し斜上、滝上にトラバース。残置ハーケンあり。

 

P8250097.JPG

登りながら撮影。ここをトラバース。一歩の勇気が必要かな。

 

P8250101.JPG

写真で見ると傾斜が緩く見えますが、実際はそれなりに傾斜あります。

 

P8250105.JPG

後続パーティーは、なんと中央(水線)突破!やるなぁ〜!

 

P8250111.JPG

二俣手前の10m滝。右壁を直登(容易)

 

P8250121.JPG

大滝20mにて。20年以上前、Sさんは、右の側壁沿いに直登したそうな…。確かに登れそうに見えた。その後、二俣まで戻る。

 

P8250123.JPG

左俣を遡行。ここを詰めれば、ヤブ漕ぎなしで登山道の水場へ出られる。

 

P8250133.JPG

溝状の滝。左壁より巻き気味に超えた。

 

P8250134.JPG

10mくらいあったろうか?容易だが出だしがちょっとテクニカルかな?

 

P8250136.JPG

その滝を登るSさん。

 

P8250151.JPG

ツメは、パヤパヤの草をかき分けて登山道へ。

 

P8250160.JPG

あとは夏油温泉目指して下るだけ。でっかい熊の糞があった。

 

P8250164.JPG

下山後は、夏油温泉(元湯)にて汗を流す。

 

P8250174.JPG

川沿いの露天風呂、最高♪平日ということもあり貸し切り状態!

 

P8250175.JPG

帰路、北上の焼肉冷麺ヤマトにて冷麺を食べる。冷麺祭りで半額の370円也。

 

ushiroMAP.JPG

GPSの軌跡です。登り4時間、下り1時間15分、合計5時間15分でした。