金ヶ崎駒ケ岳 キッツ川

2020.09.12 Saturday

P9110002.JPG

朝、村崎野の吉野家にて朝牛セット(398円)を食べてパワーを付けて集合場所を目指します。

 

P9110003.JPG

八郎橋の手前のちょっとした広場に車を停めて沢支度をします。

 

P9110007.JPG

キッツ川の入渓地点は、この八郎橋より。

 

P9110009.JPG

橋を渡って直ぐ右側にある踏み跡を利用して沢床へ降ります。

 

P9110010.JPG

沢床より八郎橋を望みます。

 

P9110012.JPG

遡行開始!パートナーのSさんです。

 

P9110015.JPG

おぉ〜!なかなかいい感じ♪

 

P9110021.JPG

淵をへつるSさんです。結構深いです。

 

P9110024.JPG

まずは、最初の淵を左岸より突破(容易)

 

P9110038.JPG

S字状ゴルジュ帯の始まりです。ここから核心部となります。

 

P9110041.JPG

リードしながら写真撮影に励む私。微妙なヘツリが面白い♪難なくクリア!

 

P9110045.JPG

クライミングをしている方であれば、問題ありません。

 

P9110072.JPG

今度は、Sさんの番です。結構苦労している感じ…1回ドボン!

 

P9110084.JPG

その後も楽しいゴルジュ帯は続きます。

 

P9110087.JPG

流れは結構早いです。2ピッチ目をリードする私。

 

P9110091.JPG

今度は、Sさんの番です。左上に小さくSさんが見えます。

 

P9110098.JPG

2ピッチ目終了!くつろぐSさんです。

 

P9110104.JPG

ゴルジュ帯、まだ続きます。

 

P9110109.JPG

ここがゴルジュ帯の出口です。

 

P9110110.JPG

ゴルジュ帯、終了!あ〜楽しかったぁ〜♪

 

P9110112.JPG

ゴルジュ帯が終わると直ぐに二俣です。我々は、右俣へ進みます。

 

P9110114.JPG

思いの外、お天気が良くてラッキーです。予報は雨でしたので…。

 

P9110120.JPG

今回、唯一高巻いた8m滝。ここは、ちょっと戻って左岸より高巻きました(容易)。

 

P9110122.JPG

高巻きながら8m滝を望みます。

 

P9110124.JPG

コケが綺麗♪奥多摩チックな渓相です。

 

P9110130.JPG

570m二俣から標高700mの二俣まで単調なゴーロ歩きが続きます。

 

P9110139.JPG

標高700mの二俣です。

 

P9110146.JPG

標高700mの二俣を右に進むと、ナメと小滝が連続し楽しませてくれます。

 

P9110147.JPG

ナメを進むSさんです。

 

P9110155.JPG

プチ綺麗♪

 

P9110168.JPG

小滝は、どれも容易に登れます。

 

P9110179.JPG

標高780m付近にある三段の滝です。ホールド豊富で容易に登れます。

 

P9110183.JPG

その三段の滝を登るSさんです。

 

P9110187.JPG

三段の滝の終了点にて。ここを右の沢へ入りツメます。

 

P9110193.JPG

ナメが続き気持ち良いです。

 

P9110203.JPG

水が枯れた後でも沢形が結構続きます。

 

P9110212.JPG

最後、パヤパヤのヤブを漕ぐこと5分強で登山道へ出ました。

 

P9110224.JPG

快適な登山道を下ります。

 

P9110225.JPG

立派なブナです。

 

P9110227.JPG

は〜い!無事下山しました!その後、車の回収。

 

P9110228.JPG

下山後は、金ヶ崎温泉・駒子の湯(500円)にて汗を流しました。

 

P9110229.JPG

ついでにお昼も食べました♪

 

P9110234.JPG

現物です。とっても美味しかったです♪アイスコーヒーも付いて700円!

 

僭越ながら私です。手に持っている愛用のカメラは、オリンパスのTOUGH TG-5です。

 

これも私です。ゴルジュ帯にて。

 

kittukawaMAP.jpg

GPSの軌跡です。登り3時間、下り1時間、合計ちょうど4時間でした。

 

八幡平 葛根田川・大石沢

2020.09.07 Monday

P9060007.JPG

滝の上温泉からスタート!お天気は上々♪

 

P9060012.JPG

まずは地熱発電所を見ながら車道歩き。

 

P9060019.JPG

いつもの地点より入渓。葛根田川、今回で14回目の遡行となります。

 

P9060038.JPG

ビューポイントです。

 

P9060056.JPG

698mの枝沢が見えてきましたぁ〜!

 

P9060070.JPG

綺麗な流れに癒されます♪

 

P9060079.JPG

これも〜♪

 

P9060083.JPG

ゴルジュ地帯です。右岸より突破します。

 

P9060097.JPG

腰まで浸かって突破します。

 

P9060099.JPG

難所には残置ロープがあります。

 

P9060102.JPG

ほんと美しい渓相にウットリします♪

 

P9060105.JPG

淵にて。ここは右岸より突破します。

 

P9060111.JPG

ゴルジュ帯の出口にて。

 

P9060117.JPG

これも〜!

 

P9060119.JPG

ゴルジュ帯が終わると穏やかな渓相になります。

 

P9060135.JPG

ビューポイントのお函にて。

 

P9060143.JPG

お函にて。

 

P9060150.JPG

これも〜♪

 

P9060156.JPG

お函が終わるとこんな美しい光景が♪

 

P9060157.JPG

水が眩し〜い!

 

P9060158.JPG

美しい渓相に、何度見てもウットリします♪

 

P9060168.JPG

ここより大石沢です。ナメがとても綺麗です。

 

P9060171.JPG

これも〜♪

 

P9060176.JPG

これも〜♪

 

P9060177.JPG

ナメの美しさにウットリです♪

 

P9060183.JPG

これも〜♪

 

P9060194.JPG

透明度が高い水です。

 

P9060209.JPG

結構楽しめるかも?

 

P9060213.JPG

倒木が多いです。

 

P9060223.JPG

ここでランチタイム♪

 

P9060232.JPG

大石沢の名の通り、大石が出始めます。

 

P9060240.JPG

意外と綺麗な構想です。

 

P9060244.JPG

巨岩帯の滝です。

 

P9060245.JPG

巨岩帯が終わると源頭の雰囲気に。

 

P9060257.JPG

ヤブ漕ぎなしで田代平の湿原に飛び出しました♪

 

P9060261.JPG

登山道も直ぐでした。

 

P9060266.JPG

田代平湿原の池塘にて。

 

P9060269.JPG

今宵は、ここ田代平山荘(避難小屋)に泊まります。

 

P9060272.JPG

その避難小屋の中はこんな感じ。

 

P9060275.JPG

二階はこんな感じ。

 

P9060274.JPG

今日は、貸し切り状態です。

 

P9060276.JPG

二階の窓からの景色です。

 

P9060278.JPG

お酒のおつまみです。私のお気に入りなんです。

 

P9060279.JPG

これも〜♪

 

P9060281.JPG

沢をツメ上げる時、水を4L担ぎ上げました。

 

P9060283.JPG

ご飯を炊きます。

 

P9060285.JPG

単独の友、ウォークマンです♪

 

P9060294.JPG

酔いどれタイムです♪

 

P9060298.JPG

今回デビューのエアーマットです。寝心地をテストしてみました。う〜ん!って感じです。

 

P9070301.JPG

翌朝、朝食はこれ!先月新発売された商品です。麺を食べ終わった後、ご飯を入れて「おじや」で食べたらこれが旨い♪

 

P9070304.JPG

2日目、下山します。ガスガスで小雨が降っています。

 

P9070306.JPG

これも〜!

 

P9070317.JPG

山頂は、ガスガスで何も見えず…。

 

P9070337.JPG

神秘的な白沼にて。

 

P9070342.JPG

帰路、上堂の幸楽苑で早い昼食!ネギ味噌ラーメンを食べました(540円)。

 

ooisisawaMAP.jpg

GPSの軌跡です。初日は7時間30分、二日目は3時間15分でした。

 

夏油川・ウシロ沢左俣

2020.08.26 Wednesday

P8250001.JPG

3日前にも来た夏油温泉!今日は朝から晴天です♪

 

P8250013.JPG

本当は林道をある程度進んでから沢に降りる予定(下のGPSの軌跡の赤矢印部分)でしたが、暑いので早々と沢へ降りる。これが失敗だった。

 

P8250014.JPG

特に2つ目の堰堤は、腕力登攀で無駄な体力を浪費してしまった。

 

P8250018.JPG

エメラルドグリーンの水が美し〜い♪

 

P8250024.JPG

林道を進んで沢へ降りたという後続パーティーの若い女性二人。我々の方が早く出発したのに、早々と追い付かれてしまった。

 

P8250027.JPG

そして、颯爽と追い抜いて行ってしまった彼女たち…。おじさんチームは、のんびりと行くことに。

 

P8250033.JPG

プチゴルジュにて相棒のSさん。

 

P8250036.JPG

小滝が次々と出てきて飽きさせない。

 

P8250049.JPG

ゴルジュ帯に掛かる8m滝。ここは左岸より高巻く。今回唯一の高巻き。

 

P8250054.JPG

その後、直ぐに8m滝。ここは右壁を直登。

 

P8250060.JPG

一応、安全を期してザイルを出す。

 

P8250061.JPG

いつの間にか追い越してしまった私たち。後続パーティーの彼女たちは、フリーで登っていた。

 

P8250063.JPG

ゴルジュ帯最後の5m滝は、楽勝!

 

P8250069.jpg

僭越ながら、私です。

 

P8250071.JPG

次から次へと滝が出てきて楽し〜い♪

 

P8250080.JPG

滝つぼの美しいこと〜♪

 

P8250082.JPG

今日も、猛暑です!飛び込みたくなります。

 

P8250087.JPG

美しい渓相にウットリ♪

 

P8250089.JPG

頑張るSさんです。

 

P8250093.JPG

いよいよ核心部のトラバース滝(8m)が見えてきました〜!

 

P8250096.JPG

その核心部の滝は、深い釜を持っています。一般的なルートは、右岸のクラックを利用し斜上、滝上にトラバース。残置ハーケンあり。

 

P8250097.JPG

登りながら撮影。ここをトラバース。一歩の勇気が必要かな。

 

P8250101.JPG

写真で見ると傾斜が緩く見えますが、実際はそれなりに傾斜あります。

 

P8250105.JPG

後続パーティーは、なんと中央(水線)突破!やるなぁ〜!

 

P8250111.JPG

二俣手前の10m滝。右壁を直登(容易)

 

P8250121.JPG

大滝20mにて。20年以上前、Sさんは、右の側壁沿いに直登したそうな…。確かに登れそうに見えた。その後、二俣まで戻る。

 

P8250123.JPG

左俣を遡行。ここを詰めれば、ヤブ漕ぎなしで登山道の水場へ出られる。

 

P8250133.JPG

溝状の滝。左壁より巻き気味に超えた。

 

P8250134.JPG

10mくらいあったろうか?容易だが出だしがちょっとテクニカルかな?

 

P8250136.JPG

その滝を登るSさん。

 

P8250151.JPG

ツメは、パヤパヤの草をかき分けて登山道へ。

 

P8250160.JPG

あとは夏油温泉目指して下るだけ。でっかい熊の糞があった。

 

P8250164.JPG

下山後は、夏油温泉(元湯)にて汗を流す。

 

P8250174.JPG

川沿いの露天風呂、最高♪平日ということもあり貸し切り状態!

 

P8250175.JPG

帰路、北上の焼肉冷麺ヤマトにて冷麺を食べる。冷麺祭りで半額の370円也。

 

ushiroMAP.JPG

GPSの軌跡です。登り4時間、下り1時間15分、合計5時間15分でした。

 

和賀山塊・斉内川本流

2020.08.16 Sunday

P8160001.JPG

和賀山塊の斉内川本流(真木渓谷)を遡行して参りました。スタート地点です。

 

P8160005.JPG

スタート地点の袖川立岩です。増水していることが一目瞭然でした。

 

P8160008.JPG

いよいよ出発!この増水状態で大丈夫だろうか?

 

P8160012.JPG

濁りがないのが幸いです。

 

P8160030.JPG

徒渉地点を見極めないと…。

 

P8160038.JPG

水量の多さに圧倒されます。

 

P8160051.JPG

大倉岩ゴルジュ帯の入り口です。ここより核心部に突入です。

 

P8160061.JPG

写真では伝わりませんが、スケール大きいです。

 

P8160066.JPG

ほんとダイナミックでアルプスの沢レベルです。

 

P8160068.JPG

沢の規模、まるで5級の沢です。

 

P8160071.JPG

美しい渓相にウットリします。

 

P8160072.JPG

斉内川本流で一番美しい場所です。

 

P8160077.JPG

水量は平水より多く、増水の中、結構本気モードで遡行しました。

 

P8160081.JPG

核心部は、写真を撮る余裕がなく…。やっと抜けました。

 

P8160083.JPG

大倉岩のゴルジュ帯の圧倒的な側壁です。

 

P8160086.JPG

高巻きは不可能です。

 

P8160094.JPG

まだまだ楽しませてくれます♪

 

P8160097.JPG

巨岩が凄いです。南アルプスの赤石沢を思い出します。

 

P8160101.JPG

小路又(こじまた)です。ここまで来れば渓相が穏やかになります。

 

P8160103.JPG

道路下を潜ります。エスケープが容易なので助かります。

 

P8160109.JPG

ちょっとしたゴルジュ帯です。

 

P8160126.JPG

これも〜!

 

P8160127.JPG

これもです。

 

P8160130.JPG

甘露水(薬師岳登山口・林道終点)に出ました!

 

P8160132.JPG

下山は、林道を下ります。

 

P8160134.JPG

避難小屋です。

 

P8160139.JPG

道路(林道)上から大倉岩を望みます。

 

P8160142.JPG

袖川立岩に戻って参りました!この後、下流部のゴルジュ帯を偵察に行きました。

 

P8160150.JPG

水量の多さに圧倒されます。徒渉は、ほぼ無理!

 

P8160158.JPG

これも〜!

 

P8160160.JPG

ここまで下降して、その後、車デポ地の袖川立岩に戻りました。

 

P8160164.JPG

帰路、雫石の韓式食彩ヤマトにてビビンバの大盛(825円)を食べました♪赤味噌タレが美味しかったです!

 

makiMAP.jpg

GPSの軌跡です。全行程3時間弱でした。軌跡にはないですが、その後、下流部の偵察を行っています。

岩神山〜兜明神岳

2020.08.10 Monday

P8100005.JPG

区界高原ウォーキングセンターより出発します。

 

P8100015.JPG

素晴らしく整備された登山道を気持ち良く歩きます。

 

P8100018.JPG

2万5千図には記載されていないたくさんのコースがあるようです。

 

P8100019.JPG

源流コースを歩くことにします。

 

P8100025.JPG

沢沿いのルートで気持ち良いです。

 

P8100031.JPG

区魔除けです。

 

P8100033.JPG

道中、誰にも会いませんでした。

 

P8100052.JPG

登ること1時間30分で岩神山の山頂に到着しました♪

 

P8100054.JPG

山頂からの展望です。

 

P8100073.JPG

兜明神岳です。たくさんの小学生が来ていました。

 

P8100080.JPG

兜明神岳の山頂に到着です。

 

P8100079.JPG

山頂からの展望です。

 

P8100081.JPG

山頂直下にハーケンが…。

 

P8100083.JPG

山頂に至る岩峰です。やっと登れました。

 

P8100085.JPG

山頂直下の岩です。

 

P8100090.JPG

下りは「草原コース」。その名の通り草原ルートでした。

 

P8100093.JPG

下山後、幸楽苑で半チャーハン&餃子セットを食べました(600円)。

 

iwakamiyamaMAP.JPG

GPSの軌跡です。全行程約3時間でした。

 

P8070004.JPG

今回アマゾンで購入したキャンプ用の折りたたみテーブル(奥)と、ニトリで購入した一般的な卓上テーブルです。良い買い物が出来て嬉しいです♪